桑の栄養・効用

桑は古来、薬草として、中国の古い薬物書「神農本草経」に登場し、日本でも鎌倉時代に栄西禅師が著した「喫茶養生記」に、桑は万病に効くと書かれているなど、昔から広く人々の間で利用されてきました。

<乾燥茶葉 100g中の成分>

 実際の数値で見てみると・・・    

◎ 血糖値や血圧が高めの方に

桑特有の成分DNJ,ポリフェノール、食物繊維、ギャバなどの相互作用により、血糖値の上昇を抑制し、血圧を安定させます。

​コレステロール値や中性脂肪値さげて動脈硬化を予防します。

こんな方にオススメです

生活習慣病を予防する

シルクのもとになる良質なたんぱく質

豊富な食物せんいと

​ビタミン・ミネラル

◎ 便秘や野菜不足を何とかしたい方に

​食物繊維はケールの20倍!カルシウムは牛乳の27倍!

鉄は煎茶の2倍以上!カロチンはほうれん草の10倍!

​不足しがちな栄養素を補い、便通も改善します

◎ ダイエット中の方に

桑特有の成分DNJが食事中の糖の九州を抑える上、

​ビタミン・ミネラルが豊富なので、健康的なダイエットを助けます。

◎ 二日酔い予防に

桑に含まれる亜鉛が、細胞の再生や新陳代謝を促し、

​アルコールの解毒を助けます

◎ アンチエイジングをのぞむ方に

ポリフェノールの強力な抗酸化作用で、カラダのさびつきを防ぎます。

※ 食前の摂取が効果的

​※ カラダを中から変えるには、1~3ヶ月続けてみてください。